40代になって診断され静岡で緑内障の治療を開始

緑内障の怖いところ

緑内障 治療 静岡緑内障について|治療内容ご案内|加藤医院|静岡県富士市の眼科、内科

毎朝1回点眼をする生活緑内障の怖いところまずは検査をすることを推奨します

緑内障の怖いところは、適切な治療を受けなければ気づかないうちに病気が進行し、いつの間にか視野が欠けてしまうというところにあります。
欠けてしまった視野というのは、今の医療技術を持ってしても回復することができないので、とても怖い病気であることが分かりました。
とにかく点眼をしていれば眼圧を押さえることが出来るので、病期の進行を抑える事が可能だといいます。
何気なく花粉症の目薬をもらうために眼科にかかりましたが、医師が気づいて緑内障であることを診断してくださったおかげで、早期に発見して治療を開始することができて本当に良かったです。
遺伝性のある病気ではないようであり、自分の家族や親族にはこの病気を患っている人は一人もいません。
なぜ自分が罹ってしまったのかはわかりませんが、40代以上になると発症しやすい病気であると言われました。
早期に発見して早期に治療を開始したことで、点眼で症状を抑えることが出来るので良かったです。
はじめにかかった病院は地元静岡の病院だったので、先生に紹介状を書いてもらって住んでいるところの近くの病院に転院することにしました。

【お勧め】医療法人社団海仁みどり台海谷眼科 - 静岡県浜松市 - 看護師業務全般 ■診療内容 眼科一般/専門外来(緑内障・白内障・斜視・弱視・糖尿病網膜症・網膜硝子体・加齢性黄斑変性・コンタクト・レーザー治療)... http://t.co/OEkoKWVAih

— お得なスマホ@アプリ紹介 (@infocart12) 2013年4月5日